2015年12月17日木曜日

お母さんの味を見つける インターナショナルな家庭の野菜嫌い克服法

インターナショナルな家庭の食事

子どものお友達で、お父さんはフランス語圏のスイス人、お母さんはアメリカ人とオランダ人のハーフ、今まで長くアメリカで暮らしてきて家庭内では皆英語を話す、というご家族がいます。家族全員日本人、家庭の言語は日本語、マインドも完全日本人、と単純でわかりやすい我が家とはだいぶ違う家庭環境だな、と親の私は思いましたが、子どもにはそんなことは関係ないようで、子ども同士は仲良く遊んでいます。

このご家族は、ニューヨークに住んでいたということもあると思うのですが、いろいろな国の料理をよく知っていて、日本食も大好きだそうです。意外にも食の好みが合い、巻き寿司の作り方をお母さんに教えてあげたら、とても喜んですぐに自分で作ってみてくれました。海外にいると日本の食文化は自慢できます。

そんなお母さんに野菜嫌いの子どもが喜ぶ食事を聞いてみました(子どもが野菜を食べたがらないというところはお互い似ていました)。

一番のおすすめは、タコスでした。

私にとって意外なメニュー。生野菜をたくさん入れますし、味付けが辛いイメージがあったので、私は子ども向けだと思ったことがありませんでした。生野菜が嫌いなうちの子でも食べるかしら。私も早速試してみました。

野菜嫌いの子どもと食べるタコス

用意したのは、
トルティーヤ(我が家はソフトタイプのコーントルティーヤを使います)
チーズ(細切りのシュレッドチーズなど)
トマト(角切り)
レタス(千切り)

肉類の具材は牛ひき肉を使い、オリーブオイル、ニンニク、玉ねぎのみじん切り、
トマトペースト、ケチャップで味を調節しながら、パプリカパウダー(オランダではよくあるので試しに入れてみましたが、なくて大丈夫です)、塩コショウでいためました。ひき肉だけではなく、鶏肉のグリルも合うそうです。

アボカドはつぶしてヨーグルト、塩コショウ、子どもに嫌がられない程度にニンニクをすりおろして混ぜます。

サルサソースは辛いタイプのものを用意して大人だけが使います。

フライパンでトルティーヤを温め、チーズをのせて少し溶かしてからお皿にとって、具材をのせるところから子どもと一緒に作ります。

「えー、トマトそんなに入れないで」
「試してみてよ、ほら、これだけは食べられると思うよ。食べてみて」




「おいしい」

我が家のトマト嫌いも喜んで食べていました。肉も野菜も主食も一度に食べられて、用意も後片付けも簡単。あらかじめ具材を作っておくこともできます。タコスというとランチや軽食のイメージがありましたが、具材が多いとボリュームがあり、豆を入れると、さらに満足感があります。我が家では忙しい日の夕食メニューのひとつになりました。子どもたちの予定が立て込んで夕方帰宅してから食事を作る時間がない、でもカレーや丼物ばかり作っているような気がする、という時に登場します。

どこでもお母さんは子どもの食生活を考えていろいろ工夫しているものですね。



野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿