2016年3月19日土曜日

テレビゲームは買わない!私が子どもにテレビゲーム?

私の息子はもうすぐ8歳。WiiやXboxといったゲーム機が今一番欲しいようです。子どもの友達にはゲーム機を持っている子が意外といて、友達の家でやらせてもらって、余計欲しくなっているようです。子どもがテレビゲームとどう付き合うか、多くの家庭ではいろいろ考えていると思います。

友達の中には、タブレットを子ども専用に与えられている家もあるかと思えば、ゲーム機だけでなく、テレビも子どもに見せない家もありますし、いろいろな家庭があります。テレビゲーム類を子どもに与えている家は大抵ルールがあって、時間を守って遊ぶ約束をしています。

我が家は今のところ家にタブレット、パソコン、テレビは時間を守って使うことにして、ゲーム機は置かないことにしています。ルールを守ってできるならゲーム機もいいのでは、と考えたこともあるのですが、テレビゲームは1日1時間、くらいやらないと満足できなくなるのではないか、という感覚があるのです。ファミコン世代の自分の子ども時代の経験なのですが、実際のところ、今のゲームはどうなのでしょうか。まだ私も理解が足りないかもしれません。

とはいっても、子どもにダメ!と言えば言うほど、子どもはテレビゲームをやりたくなってしまうだろうし、どうしたものか。

これならやらせたいと思うような「いいゲーム」がないかと探してみました。私がここで「いいゲーム」の条件として考えたのは、
「不自由かつ自由なもの」
です。イメージはレゴ、です。ブロックだけで作るという制約の中で、最初は箱に同封されている作り方を見ながら作るしかないのですが、それを壊して全く自由に別の物を作ることができ、だんだん自由に作るのが楽しくなってくる、そんなレゴみたいなゲームだったら、子どもも楽しめるだろうし、依存しないで遊べるのではないかと思ったのです。



そんな思いで見つけました。

1. Minecraft


私の子どもが友達に教えてもらったのがきっかけで、知りました。少し前からあるゲームで世界的に有名なので「マイクラ」をご存知の方は多いと思います。日本ではあまり小学校低学年の子どもがやるイメージはないかもしれませんが、低年齢でも十分遊べます。ゲーム自体にストーリーはなく、その世界の中で何をやるかは本人の自由です。大きな家を作ったり、探検したり。ブロックを積み上げて好きなものを作っていくところは正にレゴなので、レゴの延長線上で楽しめるようです。

2. The Hour of Code Mincraft

マインクラフトの世界観でコンピュータサイエンスの考え方を学びながら遊べます。与えられた課題をクリアするために簡単なコードを作っていくのですが、パズルのような感覚でできるようです。コードを書く、試す、直す、という作業が続きますが、要領がつかめてくるとかなり早くできるようになり、さすが子どもは吸収が早いです。

3. Flappy Code

2のThe Hour of Codeは、何をするのか課題が与えられていますが、こちらはコードを書いて自分のオリジナルゲームを作る、という体裁になっています。Flappy Birdというゲームが素材となっていて、このゲーム自体は単純なものですが、自分で作ったゲームをやってみることができる、というのも面白いです。

4. ScratchJr

Scratchは子供向けに開発されたプログラム言語で、このScratchJrはさらにそれを低年齢(5歳から7歳)向けに簡単にしています。簡単ながらも、自分で猫のキャラクターを動かし、ちょっとしたストーリーやゲームを作ることができます。Flappy Birdよりももっと好き勝手にいろいろなことができます。

コンピュータサイエンスなんてさっぱり、むしろ苦手な私ですが、子どもが学校でも学んでいるのを見て、プログラミングも、絵を描いたり、工作したりするのと同じようにもっと子どもが親しんでいいのかもしれない、と考えるようになりました。

子どもが学校でやっていた、というのがきっかけでしたが、ScratchJrまさに「不自由かつ自由」なので、子どもなりにかなり考えて作らないとできませんし、がんばれば結構複雑なこともできるので自由な発想で遊ぶことができます。

今我が家ではこんな感じでテレビゲームで遊んでいます。というより、コンピュータサイエンスで遊ぶ、というやり方になりました。一方的にゲームはダメ!というにはもったいないくらい、いろいろ面白いものがあることに気づきました。これからもまだ試行錯誤になりそうですが、いいものを見つけたいです。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿