2016年9月28日水曜日

早期教育反対!の私が見たイギリスの幼児教育

早期教育、というと、どういうイメージがありますか?

早期教育は日本に限らず、今の時代の流れであるように感じます。日本よりもイギリスの方が、幼児教育に熱心なくらいでした。日本でも小学校が始まる前に、自分の名前が書けたらいいのでは、とひらがなを教える家庭や幼稚園は多いと思いますが、イギリスでは4歳から学校が始まるので、それまでにアルファベットで名前くらい書けるようにしたい、とナーサリー(保育園)の先生に言われたこともあります。

小さい子どもはのびのび自由に遊ぶことが大事、という考え方も根強く、早期教育には疑問を持つ方も多いと思います。いわゆる読み書きや数を教えるような教育は、あまり早くからできるようになっても、成長するにつれて、それほど差はなくなってくるような印象です。

私自身はずっと早期教育反対派で、上の子は、日本の保育園で年少さんの終わりまで、のびのび過ごしていました。ひらがなの読み書きは、ほとんどできませんでしたし、鉛筆も持ったことなく、クレヨンで絵を描いていました。

その状態でイギリスに引っ越し、上の子が現地の学校に編入しました。クラスの同い年の子たちは鉛筆を持って字を書いていました。

こんなに違うのかと、とても驚いたのですが、学校の先生が言った
「大人は子どもが学ぶ準備できるのを待ってあげてください。」
というアドバイスは、とても印象に残りました。

その時のことを記事に書きました。

ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」
早すぎる?幼児教育への疑問に答えた先生の一言

私の早期教育に対する見方は、大きく変わりました。読み書きといった学習に限らず、大切なことは小さなうちから、触れさせてみることはいいことなのではないか、と考えるようになりました。

「子どもにはまだ早い」と杓子定規に考えるのはやめました。それと同時に、準備ができていなかったら、その時は諦めればいい、と固執しないことも学びました。

結局、子どもの才能は無限大!なんて過度な期待をしないという幼児教育に懐疑的な心持ちのままで、ずっと過ごしていたわけですが、子どもは至ってマイペースながら、自分なりのやり方で力をつけていくようです。


野口由美子








ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」


早すぎる?幼児教育への疑問に答えた先生の一言

0 件のコメント:

コメントを投稿