2016年10月26日水曜日

母乳育児に失敗、で気が付いたこと

出産自体、人生を変えるような大きな出来事なのですが、その後も次から次へと新しい体験が待っています。母乳育児はその中でも特別重要な体験だと思います。

ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」に、母乳育児についての記事を掲載していただきました。ご覧いただけるとうれしいです。

私の母乳育児失敗談に、助産師さんから思わぬ一言

タイトルにある通り、私の母乳育児は上手くいきませんでした。上の子は2ヶ月で断念、下の子は最初からミルクと混合でした。母乳育児が素晴らしいのは確かなことで、私は子どもに申し訳ないような思いがありました。

でも、今、冷静に当時のことを思い出すと、私の母乳育児に対する思いは、もはや「信仰」の域でこだわり過ぎていたように思います。ブログやウェブマガジン(私もそういうところで情報発信している身ですが)、掲示板、本や雑誌も。今はたくさんの情報にあふれていて、信じるに値する「これが正解」な情報にいつも囲まれています。

そういう「信仰」が育児のハードルをどんどん上げてしまっているような気がします。
「どうすべきか」は言えるのに、
「あなたはどうしたいの?」
という質問には答えられなくなっていました。情報が簡単に手に入るのは便利なようで、実は情報に振り回されて、私は不自由になっていたかもしれないな、と思いました。

今は時々、自分に聞いてみるようにしています。
「私自身はどうしたいの?」


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿