2016年10月18日火曜日

赤ちゃんの夜泣き、海外では放置する?本当に聞いてみた

子育てというのは、文化的なものなので、場所が変われば、そのスタイルは違います。文化に優劣をつけられないように、子育てのやり方もどの国のものがいい、と一概に言うことはできないです。どの国も、今の親の世代による新しいやり方があったり、いろいろな流行りや考え方のバリエーションもあったりします。いろいろな子育てがある、ということを知るのは興味深いです。

そんな私の興味もあって、赤ちゃんの夜泣きをテーマに、私の周囲で聞いた話をまとめて記事を書きました。ご覧いただけるとうれしいです。

ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」
海外では赤ちゃんの夜泣きは放置、じゃなかった!?意外と違った夜泣き対策の王道

赤ちゃんの夜泣きを放置する、というやり方がフランスなどヨーロッパの国では主流らしい、という話を昔聞いたことがあります。そんなことできるのかな、心配にならないのかな、と、私はちょっと疑問だったのですが、ヨーロッパのいろいろな国の人の話を聞いてみて、ヨーロッパの人も、そんなに簡単に泣く赤ちゃんを放置できるわけではない、と思いました(もし、私がフランスに行って同じ質問をしたら、放置が主流!と言われてしまう可能性は残っていますが)。

赤ちゃんがかわいくてしょうがないと抱き上げる様子や、泣いてばかりの赤ちゃんを何とかなだめようとする様子など、どの国の人も同じに見えます。子育ての文化的な違いばかりに目が行きがちですが、同じところもたくさんあります。子育て中の親というのは、みんな同志なのだと思います。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿