2017年2月22日水曜日

幼児から、安全なインターネットの使い方を。先生が親に伝えた3つのこと

子どもが安全にインターネットの使うにはどうしたらいい? 

私が子どもだった頃には全くなかった話ですが、今の時代、避けて通れない問題だと思います。でも、そういう問題が重要になってくるのは、文字が読めたり、入力できたりする小学生以上の子どもや大人になってから、というイメージを持っていました。

先日子どもの学校で、保護者向けに安全なインターネット利用についてワークショップがありました。対象は幼稚園から小学校低学年。


赤ちゃんの時からインターネットに触れる子どもたち

子どもがインターネットに触れ始めるのは、平均3歳くらいからだそうです。実際には、もっと小さい赤ちゃんにも機会があるでしょう、というのが先生の話でした。多くの親がユーチューブで子どもに好きなアニメなどの動画をみせている光景をよく見かけますし、うちでもよく観ています。

4、5歳くらいの子どもであれば、ただ画面を見ているだけでなく、アプリを使うことや、ダウンロードもできるようになるそうです。親が気付かないうちに3歳くらいの子がパスワードを入力してタブレットを使っていた、なんて話もよく聞きます。

6歳にもなれば、ワッツアップやフェイスタイムなどを使ってチャットができるようになります。文字の入力がまだ難しくても、いろいろなことが自分でできます。

そして、10歳くらいの子どもなら、SNSが使えるようになります。10代の子どもたちに今人気なのが、スナップチャットやタンブラーといったアプリ。この辺りのアプリの話になると、私はよくわからず、未知の世界でした(他の参加者の親たちも知らない人が多いようだったのでちょっと安心しましたが)。プライバシーの問題や、交友関係の複雑化、一気に深刻な問題に発展していきます。


先生からの3つのポイント

今の子どもたちの環境はこんな感じですが、この先インターネット環境が便利になればなるほど、ネットに触れる子どもの低年齢化が進んでいくことになりそうです。

「子どもが大きくなってから、インターネットの安全な使い方を教えるのでは遅い。」

それが先生からの第1のポイントでした。

学校としてのスタンスは、ネットを使うことにとても積極的で、授業でも多用されています。しかし、インターネットでは、不適切な情報や、不正確な情報を目にすることが簡単に起きてしまいます。

「完全に安全なインターネット利用を確保する方法はない」

それが先生の第2のポイントでした。

子ども用のフィルタリングソフトを使うことや、親の目が行き届く場所で使うこと。そういう方法も一定の効果がありますが、完璧なフィルタリング機能はありませんし、子どもが大きくなるにつれていつも親が監視できるわけでもありません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

最後に一番大事な第3のポイント。

「制限することばかりを考えるのではなく、子どもとオープンに話し合って一緒に考えることが大切。」

簡単な解決方法はないようです。


先生は子どもたちにどうやって教えた?

ちょうど同じ日に、先生は子どもたちにインターネットの使い方について話をしたそうです。

先生は子どもたちに聞いたそうです。
「タブレットで大好きなゲームをして遊んでいました。突然画面に現れたポップアップ。ゲームが止まってしまいました。そんな時、どうしたらいい?」
先生は2つの選択肢を出します。

A. 画面をタップしてみる
B. パパやママ、大人を呼ぶ

「どっちがいいかな?」

そして、先生は、ひとつのフレーズに節をつけて、子どもが覚えられるように繰り返し教えていました。

「タップする前に、まず、考えよう。そして、聞こう。」

その日の夜、娘に
「先生とインターネットのお話した? インターネットはどうやって使えばいいの?」
と聞いてみると、「タップする前に------」という節のついたフレーズを歌い出しました。子どもにもわかりやすかったようです。

多分、実際にこのフレーズを子どもが思い出して、考えても、子どもは何もできないだろうと思います。でも、子どもが成長するにつれて、「考える」というステップが重要なのだろうな、と納得させられました。

インターネットは簡単便利なようで、なかなか難しいですね。難しいからこそ、小さい子どもとも一緒に考えなくてはならないことを痛感しました。


参考: Childnet International “Smartie the Penguin”


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿