2017年2月16日木曜日

子ども用ハーネス(迷子ひも)、見かけないのはなぜ

2月になりました。オランダも、まだまだ寒い日が多いですが、少しずつ明るくなり、少し暖かさを感じることもあります。晴れた日には、冬の間誰もいなかった公園で遊ぶ子どもたちを見かけるようになりました。

小さい子どもとのお出かけ、ベビーカーはどこでもよく見かけますが、子ども用ハーネス(迷子ひも)を使っている人は、日本でも海外でも、私が住んでいる辺りではあまり見ることがありません。

「ペットみたいに子どもをつなぐなんて、かわいそう。」
そんなふうに考える人が多いのかな、とも思います。私も同じように思っていましたが、あるきっかけで考え方が変わりました。そのことを記事に書かせていただきました。

ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」
気になる子ども用ハーネス(迷子ひも)、使ってみてどうだった?

時々見かけます。自分で歩けるようになった1歳、2歳ぐらいの子。ベビーカーに乗るのが嫌で、自分で歩きたがるし、手をつなぎたがらない。とにかく元気で、歩いているというより、むしろいつも走っている子。

ちょうど、大人が話していることを理解できるか、微妙な年頃なので、いつも言って聞かせたとしても、なかなか子どもはわかってくれない。子ども自身も言葉で自分の気持ちを表現できないので、もどかしさのあまり、かんしゃくを起こしてしまうことも。

こんな子に子ども用ハーネスを使ったら、安心して歩けるのではないかと思うのですが、親として使うことを躊躇する気持ちもわかります。あまり見かけないので子ども用ハーネスをつけている子がいたら、ちょっと目立ってしまうかもしれません。ハーネスで子どもが転んでしまっては意味がないので、使い方にも注意が必要です。必要な時期は短いと思いますし、全く必要としない子もいます。

もっと外が安全だったらいいのになぁ、と思いますが、車や自転車、他の歩行者が全くいない所だけを歩くのは無理ですし、少しずつ車も通る危ない場所も安全に歩けるように慣れていかなくてはなりません。

私は、親子で外に出かけるのが楽しくなくなってしまうのが、何よりよくないことだと思います。ベビーカーでも、ハーネスでも、バランスバイクでも三輪車でも、子どもや親だけでなく、周りの人の気遣いも必要だと思います。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿