2017年3月23日木曜日

気になるけど、仕方がない? 子どもの睡眠時間

ある日、8歳の息子から唐突に
「ママ、ぼく夜は7時に寝てみたい。」
と言われ、ちょっとびっくりしたことがあります。

普段、子どもたちの就寝時間は大体8時半くらい。私は、こんなものか、と思っていたのですが、息子のクラスの子たちと比べるとだいぶ遅い方だったそうです。夜7時くらいに寝る子が多いらしく、自分も他の子たちと同じようにやってみたくなった、ということでした。

息子のクラスメートの多くはヨーロッパ各国の子。日本人の子どもは夜寝るのが遅いという話は聞いたことがありましたが、本当だなぁ、と実感しました。

その時のことを書いた記事を掲載していただきました。ご覧いただけるとうれしいです。

ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」
何時に寝てる? 新生活が始まる前に見直したい、子どもの睡眠

この記事には多くの反響をいただきました。今の生活では就寝時間を早めることは無理、という率直な意見が多かった印象です。

特に目立ったのが、お子さんが保育園に通っている共働きのケース。私自身が日本で子どもを保育園に預けて働いていた時、時短勤務で5時くらいにお迎え、6時に夕食、8時に就寝、というような生活でした。

でも、保育園なら日中のお昼寝がありますし、先生と相談して、お昼寝時間と夜の睡眠時間を調整することで、十分な睡眠時間を確保できると思います。なので、全く心配はいらないはずですが、本当はもっと早く寝かせてあげたい、と思っている方が多いのかもしれません。

それとは別に、そんなに子どもを早く寝かせる必要があるのか、という疑問を投げかける方もいらっしゃいました。5時台に子どもが夕食を食べているような家庭では、親の夕食は子どもが寝た後に、というパターンもあるようです。確かに、もうちょっと時間が遅くなってしまっても、家族そろって食事をした方がいいのではないかな、と私も思います。

いただいたコメント全体を通して強く感じたのは、

大人も子どもも忙しい!!

ということです。休むことを軽視しているわけではないのだけれど、やっぱり後回しになってしまうのかもしれないと思いました。子どもの就寝時間が遅いと、大人の就寝時間はそれ以上に遅くなります。

私自身、休養を十分に取れないと、日常生活が送れなくなるくらい、体調を崩す、ということを経験しているので、休養を重視できるようになったのですが、そんな経験をしなくてもわかることだと思います。なかなか難しいことかもしれませんが、休むこと、睡眠時間を確保することにもう少し積極的になってみてもいいのでは、と思います。


野口由美子






0 件のコメント:

コメントを投稿