2017年4月19日水曜日

海外子どもの遊び事情(屋外編)

日本でも海外でも、子どもが何より楽しいのは、友達と遊ぶ時間。

私の子どもたちが通っている学校は、アムステルダムにあるブリティッシュスクールで、オランダ人の子は少数派、イギリス人も少なく、いろいろな国の子がいます。私の子どもたちの友達はヨーロッパ各国から来た子か、インド人の子が中心。時々日本人の子同士でも遊んでいます。子どもたちのバックグランドがいろいろ違うと、どんなことをして遊ぶのだろう、と興味津々の私は、よく子どもたちに聞きます。

「今日は楽しかった? 何して遊んだの?」

息子たち、小学生男子はこんなことをしてよく遊んでいます。今回は外遊びについて。

おにごっこ

本当に小さいうちから、子どもは追いかけっこが好きですよね。小学生になっても、元気のいい男の子たちはとにかく走り回っています。

子どもたちの流儀は、
「タグ!」
と言って、相手にタッチしたら、おにごっこがはじまる合図。タッチされた子は相手を追いかけなくてはなりません。「一緒に遊ぼう」とうまく話しかけられなくても、何も道具がなくても、どこでも誰でも始められる、最高の遊びかもしれません。

大きくなると、子どもが自分でルールを作ることもできます。9歳の息子くらいの年齢になると、男の子と女の子が一緒に遊ぶことは少なくなってきますが、男の子たちがおにごっこをしているところに、女の子が何人か入ってくる、ということもあるそうです。

みんなが一緒に楽しめるように、
「タッチされた子はみんなおにになって、おにが増えていく。男の子は女の子を、女の子は男の子をつかまえなくてはならない。」
というルールをみんなで決めた、と息子が話してくれました。男の子は男の子ばかりを追いかけるし、女の子がおにになると、誰も捕まえられなくなることが多いから、というのが彼の説明でした。なるほど。

サッカー

どこの公園にもサッカーボールを持った子が来ていて、いつの間にか、知らない子同士でもサッカーが始まります。サッカーは、どこに行っても人気のあるスポーツです。日本の少年野球のような感じで、地域のサッカーチームに入って練習している子もたくさんいます。

私は、日本に住んでいた時、近所の公園で球技が禁止されていたことを思い出しました。東京、ロンドン、アムステルダムを比べたら、東京が一番、子どもがサッカーをやる場所が少ないように感じます。日本は安全な分、制限も多い、ということかもしれません。


近所の小さな公園なのですが、サッカーをする場所があります。

学校の休み時間、男の子はおにごっこかサッカーに分かれて遊んでいるそうで、日本の小学校も似たような光景なのかな、と想像するのですが、どうでしょうか。

男子は外で遊ぶのが一番! とはいえ、暗い、寒い、天気が悪い冬の季節も長いので家の中での遊びも重要です。次回、屋内編を紹介したいと思います。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿