2017年6月29日木曜日

子どものおねしょ、簡単には治らないけれど

近所のスーパーで買い物をしていた時、たまたま赤ちゃんのオムツ売り場の前を通りかかりました。その棚の端っこに、赤ちゃんではなく、ティーンエイジくらいの男の子が眠っている写真がついたパッケージにたまたま目が留まりました。その横には同じくらいの年代の女の子が写った写真のパッケージもあります。

パジャマパンツ 8歳から15歳用

その商品は、おねしょ対策の夜用パンツでした。おねしょって大きくなっても結構する子はいるんだな、と改めて気づかされました。

おねしょはあまり触れる機会がない話題だと思います。子ども自身が大きくなってくると、本人が気にするだろうから、おねしょのことを本人に向かっても言わなくなるだろうし、家の外では、秘密厳守、になっていることが多いのではないかと思います。

でも、外泊となると、秘密を守ることは難しいもの。どうするか。

我が家であった、おねしょをめぐる出来事を記事に書かせていただきました。ご覧いただけるとうれしいです。

ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」
おねしょが心配な子が我が家にお泊まり。その子がとった行動は?

おねしょが心配だったその女の子は、まだ6歳、幼い部分もありますが、もう6歳、彼女なりにプライドもあります。その子のとった行動は、私には意外なもので驚きましたが、その子の母親の采配があっての行動だとわかり納得できました。

おねしょは、その子にとって、どう考えても良くないことで、できるだけ触れないであげるのが一番と私は思っていましたが、避けられないならいっそのこと、とプラス思考に持っていったそのお母さんの力量に、頭が下がる思いです。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿