2017年7月19日水曜日

子どもたちは、日本に帰りたい? 帰りたくない?

夏休みが始まりました。子どもの友達は、今住んでいるオランダ以外の国から来ている家族が多く、夏休みずっと故郷の国で過ごす、なんて話をよく聞きます。

ポルトガル人の子にしてみたら、ポルトガルは太陽がいっぱいでビーチで毎日過ごす楽しい所。フランス人の子にとっては、フランスは家族みんなでバカンスを過ごす場所。故郷の国を離れて暮らす子どもたちにとって、故郷の国は休暇を楽しく過ごす場所なのだろうと思います。

お休みの時しか故郷に帰ることがないので、学校もなくて遊んで過ごせる故郷の国は子どもにとって大好きな場所であるのは当然かな、と思っていました。

故郷に帰りたくない子たち

でも、故郷の国があまり好きではない子もいるのです。

息子が仲良くしているルーマニア人の子は、故郷の国が好きではないと言っていたそうです。

「街もきれいじゃないし、道路もすごく悪いし、好きじゃない。」

その子のお母さんの話を聞くと、納得せざるを得ない気がします。

「ルーマニアの学校にいた時、両親と一緒に暮らしている子は25人のクラスで3,4人しかいなかった。みんな出稼ぎの仕事をしていて、大抵の場合は家族そろって暮らせない。高賃金の仕事はルーマニアの外にあるから、そういう仕事に就ける人は国外に家族で行ってしまう。うちの子たちも、オランダにへ家族で引っ越すとクラスメートに言ったら、すごくうらやましがられていた。ルーマニアはやっぱり貧しい。でも、何よりもひどいのは、政治が悪くて豊かになる望みもあまり持てないこと。残念だけれど。」

別の友達のインド人の子は、そもそも生まれた時から海外を転々としていてインドに一度も行ったことさえなく、あまりインドに対する愛着はないようです。

その子のお母さんが言っていたことも印象的でした。

「インドには私の両親もいるし、友達もいる。私はいつかインドに帰りたいって思うけれども、夫が嫌みたい。インドではもう暮らしたくないって。確かに、ヨーロッパなら、街もきれいで安心して住めるし、いい教育も受けられているし。もし、インドに住むことになったら、子どももすごく戸惑うかもしれない。たぶん、ずっと海外に住むことになりそう。」

ちょっとさびしい気がします。

わが子にとって日本は


日本人であるわが子たちは、

「日本行くの!? やったー!!」

「じいじとばあばに会える! あと、お寿司でしょ、ラーメンでしょ、ポケモンも!」

そんな単純なものですが、日本が好きというのは、親とってうれしいものです。

この夏は家族で日本に行って、どんな日本が見えてくるか、楽しみにしています。


野口由美子







0 件のコメント:

コメントを投稿