2017年8月10日木曜日

なぜミニオンは世界でウケる?

夏休みが続いていますが、オランダはイマイチ天気が悪い日が多いです。猛暑の日本から戻ってきた私にとっては
「東京の10月下旬くらいじゃないかな。」
と思えるような天候。もう夏は終わってしまったかのよう。

先日、やっぱり雨が降りそうな空だったので、子どもたちのリクエストで映画を観てきました。

AmsterdamにあるTuschinskiという劇場を改装した映画館に行きました。


『怪盗グルーのミニオン大脱走』(Dispicable Me 3)




子どもたちは前の作品も観ていたのですが、私は家のテレビで流れていたのをところどころ観ていただけで、しっかり全編を見たのはこの3作目が初めてでした。

映画館の中。内装も他の映画館と違います。


実際に観て、世界的に人気があるのはすごく納得、いい作品でした。

後で本作品についての批評をいくつか読んだのですが、予想通り評価は辛口でした。ミニオンの使い方とか映画のストーリーやメッセージとか、批評家ウケしないようでした。そこであえて私は、ここがよかった!と思ったところをいくつか。
(ストーリーについてはあまり言うことがないので、この記事には、ネタバレ、みたいな部分はありません)

誰にでもわかる家族愛、でも、正しさについて説教しない、泣かせようとしない


ストーリーは単純、メッセージは「家族っていいものだよね」みたいな感じにまとまっています。私としては、「娯楽性に特化」がかえって心地よく感じました。ストーリーで泣かせようとか、正しい価値観を訴えようとか、力が入ったアニメ映画に食傷気味の人、というのは私だけでなくて、意外と多いのかもしれないですね。

映像と音楽の「楽しさ」を追求する


娯楽性に特化する姿勢はかなり高いレベルで実現しているところが、大人が観ても楽しめる作品にしていると思います。何よりもミニオンはいくら見ていても飽きないですね(ミニオンが観たい人にとっては、今回の作品は期待外れのようですが)。アニメにしかできない表現を追求しています。

音楽は映像にピッタリ合っているけれど、単なる映画の付属品ではなく音楽単体でまた聞きたくなります。家に帰ったらユーチューブでファレル・ウィリアムスをチェックしていました。

とにもかくにも、映像の仕掛けがすごいです。特に2つのポイントが私にとって印象的でした。

レトロで訴える


本作ではブラットという悪役が80年代カルチャー全開で登場します。80年代を知る大人世代は彼が画面に現れるたびに笑ってしまい、心つかまれるキャラクターです。子どもは80年代なんてわからないのですが、その強烈な個性に、息子は「ブラットが一番面白かった!」と言っていました。

完全たる「アメリカン」にはならない


ヨーロッパに住んでいる私にとっては、この映画からディズニー等のアニメにはない「ここはアメリカではないどこか」という印象を受けました。ディズニー映画だと、「アメリカってこんな感じだよね」とか「アメリカ人の考えるヨーロッパってこんな感じだね」とか、アメリカ映画であることを強く感じますが、この映画の登場人物の造形や、街並みの一部には、そんな「アメリカン」な印象がありません。

一番わかりやすいのは、フレドニアンのチーズ祭りのシーンかと思います。あんな感じの伝統的なお祭りは、ヨーロッパの各地で見かけるので親しみを感じました。「アメリカ中心に世界は回らない」感じが今の世界の空気に合っている、というのは深読みし過ぎでしょうか。

まだ深読みすると、現実世界が映画よりも嘘っぽかったり、巷にあふれるストーリーには多くの意味付けがされていたり、何かと疲れることが多いので、こんな作品に心から楽しんでいる時間が何よりも癒されるかもしれないのかな、と。


野口由美子