2017年10月18日水曜日

親が間違えるお手本に。小学校1年生に必要なこと

娘が小学1年生になり、学校生活が始まって間もない頃のこと。当時娘はまだ5歳でしたが、イギリスの学校制度では小学校1年生、義務教育となり、いわゆる読み書き、算数も本格的に始まります。

3歳年上の兄もいるせいか、兄のマネをしているうちに器用に要領よく何でもできる(ように親からは見える)娘、私は特に何の心配もしていませんでした。学校生活も、兄を見ているので、実際に始まる前からよくわかっているようでしたし、何より学校生活を楽しみにしていました。


担任の先生と初めての面談

学校が始まって最初の面談で先生から意外なことを言われました。

「娘さんは間違えないんです。」

娘は間違いをしない? 何の話なのか、最初私にはわかりませんでした。

音読で、読み方がわからない言葉が出てくると、すぐ先生に読み方を聞く。自分でどう読むか考えて読んでみることをしない。

作文で、綴りがわからない言葉があると、書くのが止まってしまう。先生にスペルを教えてもらってからでないと書かない。自分なりに書き進めようとしない。

数がうまく数えられなかいと、すぐやめてしまって、教えてもらえるまで待っている。諦めずにやってみようとしない。

そういうことでした。

「間違いを恐れなくなること、それが1年生の課題ですね。」


正解を先に与えないで

それは家でも全く同じです。でも、私は正しいやり方でやろうとすることはいいことだろう、くらいにしか思っておらず、むしろ私が積極的に「正解」を彼女に教えていました。間違えて覚えてしまうより、正しいものを最初に覚えた方がいい、と思っていたのです。

「間違えることは誰にとっても嫌なこと、子どもが恐るのも当たり前なんです。だけど、それを避けているだけでは学ぶことはできません。難しいことでもチャレンジする。自分の力で考える。なぜ間違えたのか知る。そういうことができるようになってほしいです。」


親こそ間違える「お手本」に

反省するしかない私に、先生からのアドバイスがありました。

「子どもは親をよく見ているもの。親が間違えるお手本になってあげてください。わざとでも、英語だけでなく、日本語でも、子どもの前で間違えて見せてあげてください。
「ママ、間違えちゃったわ」
とか明るく言いながら、間違えを直すところまで一緒にやるといいと思いますよ。」

「それなら私にもできます!」

と私も決心しました。


娘が書くバースデーカードの変化

そうして1年生が過ぎていきました。
ある日、友達へのバースデーカードを娘が書いています。

1年生になったばかりの頃は、

「ママ、お手本書いて!」

とお手本を写しながら

Happy Birthday!

というカードが書いていましたが、いつの間にか、自分ひとりで書くようになっていました。




You are my best fre(i)nd in my lif(e). Happy Birthday to you.

かっこになっているアルファベットは抜けています。しかも、y が鏡文字。間違いは、お手本を写していた時よりも多いです。でも、先生が言っていた「学ぶこと」ができるようになってきた、とはっきりわかりました。

あんなに慎重で間違えることが大嫌いだった娘でも変わるものなんだ、と子どもの柔軟な心に感動しつつ、私は勘違いしていたなあ、と改めて思い返しました。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿