2017年11月15日水曜日

サンタさんへ。クリスマス前に「ありがとう」

サンタさんから子どもへのクリスマスプレゼント、ご家庭ではありますか。我が家は、子どもがサンタさんへの手紙を書き、クリスマスの朝にはクリスマスツリーの下にサンタさんからのプレゼントが届きます。

サンタさんはいつまで来る?


私自身も子ども時代、小学校3年生までずっとサンタさんに手紙を書いていて、クリスマスの朝起きるとプレゼントがありました。サンタさんからのカードがついていて、その筆跡は母のものだったし、プレゼントの包装紙は近所のおもちゃ屋さんの名前が入っていました。当時の私は妙に大人ぶっていた子どもでしたが、そういう「証拠」にはあえて目をつぶり、サンタさんがいるって考えるのは楽しいな、と思っていました。なので、当時幼稚園生だった妹が

「サンタさんってパパとママなんだって!友達から聞いた!」

と家で言い出した時は本当にがっかりしました。せっかく大切にしていた魔法が解けてしまったようで、「なんでそういうつまらないことを言うんだ!!」と内心妹を恨んだものです。

そんな経験があったので、自分の子どものサンタクロースを大事にしたい、という気持ちがありました。

サンタさんは楽しい、でも


子どもたちが小さいうちは、夜にクリスマスのプレゼントをそっと置く瞬間が楽しくて、親になるとこんな楽しみがあったのか、と喜んでいましたが、だんだん子どもが大きくなるにつれて、本人たちがどう考えているのか、気になり始めました。

上の子はまだまだ幼い部分もあって、まだ信じているようだし、周りの子たちとサンタクロースの話をすることも少ないようです。まだ大丈夫かな、と様子を伺っていた、息子7歳の頃、私の友人から

サンタさんの卒業方法

を聞きました。子どもがサンタさんを信じているうちに、正体が気になり出す前に、

「〇〇ちゃんは大きくなったから、小さい子たちにサンタさんのプレゼントを譲ってあげようね。大きい子もプレゼントをもらい続けたら、プレゼントをあげる子どもが増えてサンタさんも大変だよ。その代わり、〇〇ちゃんにはパパとママからプレゼントをあげるよ。」

と子どもが自らプレゼントを辞退するよう促すというものです。

私はこの話がすっかり気に入り、実践することにしました。

でもやっぱり、サンタさんに来てほしい


初回はこの話を聞いた年、クリスマスプレゼントを開けた後に開始しました。

「今年もサンタさんからプレゼントもらえてよかったね。でも、大きい子たちはサンタさんからプレゼントをもらうことはもうしないらしいよ。小さい子たちにあげてくださいって言うだって。サンタさんだって子どもが増えて大変だよね。」

初めてそんな話を子どもにしてみました。

子どもたちは無反応。まだまだだよね、と思ってその時はそれ以上話をしないで、翌年に持ち越しました。

翌年、サンタさんへの手紙を書く時期に、

「サンタさんからのプレゼントはもうやめるのはどう?サンタさん大変だよね。その代わり、パパとママがあげるから、それでいいんじゃない?」

「やだー、サンタさんがいい!」

聞く耳持たず。この年もまだ。子どもが自ら決断した方がいいのだろうと思って諦めました。

サンタさんへ「今までプレゼントをありがとう」


そして今年、また私はこの話を切り出しました。

「サンタさんからプレゼントもらうのやめて、小さい子たちにあげてくださいってお手紙に書いたらどうかな?」

「今年まではサンタさんからもらいたいなー。来年からにする。」

と息子の反応。でも、もう9歳です。私は今まで以上に踏み込んだ説得をするつもりでいました。

「パパとママに何がほしいか教えてくれたら、それを日本から送ってもらうこともできるよ。パパとママからの方がいいんじゃない?」

日本の物が手に入ることに魅力を感じた息子は、今度はあっさりと承諾。サンタさんに手紙を書き出しました。6歳の娘は下の子らしく、兄につられるように、

「パパとママにプレゼントをもらう!」

と言い、サンタさんへの手紙を書きました。


娘はサンキューノートを作りました


サンタさん卒業話を始めて2年。来年になってしまったら息子がどう考えるようになっているか予想できず、私も少し強引になっていましたが、今年から我が家にサンタさんは来ないことになりました。

うまくいった、と内心ガッツポーズでしたが、やっぱりちょっとさびしいですね。でも、クリスマスはクリスマス。今年も楽しく過ごしたいと思います。


野口由美子



0 件のコメント:

コメントを投稿