2017年11月27日月曜日

子どもが好きなハッピーセット。海外のマクドナルドと格差あり


これはマクドナルドの写真ではありませんが、今回はハッピーセットのお話です。


家族旅行でスイスを移動していた時のこと。車からマクドナルドの看板を見つけた子どもたちが、

「マクドナルドに行きたい!」

と言い出しました。

スイスはヨーロッパの中でも一際物価が高く、食事をする場所に困ることも多い我が家。

「時間もないし、たまにはいいか。」

と気軽な気持ちでマクドナルドに立ち寄ることにしました。

「やったー、ハッピーセットがいい!」

ところがマクドナルドに入ってみてびっくりしてしまいました。ハッピーミール(ハッピーセット)が800円もするのです。お昼時の店内、満席の混雑ではないものの、それなりに人は入っていて、他の子どもたちは平然と800円のハッピーセットを食べています。

その時は仕方なくハッピーセットを注文しましたが、物価が高いといってもマクドナルドまでこんなに違うのかと、他の国のハッピーセットを比べてみたくなりました。

スイス

価格 
7.20スイスフラン(818円)

内容(各メニューの選択肢)
・メイン ハンバーガー、チーズバーガー、チキンマックナゲット
・サイド フレンチフライ、キャロットスティック
・飲み物 ミネラルウォーター、オレンジジュース、りんごジュース、炭酸飲料
・デザート りんごムース、洋ナシ

おもちゃ
背中の矢を取り外し、弓につけて打つことができます。
よく飛ぶように作りがしっかりしていて、息子は今でも大切にしています。

オランダ

価格
3.95ユーロ(523円)

内容
・メイン ハンバーガー、チーズバーガー、チキンマックナゲット、マックフィッシュ
・サイド フレンチフライ、ミニトマト
・飲み物 ミネラルウォーター、有機スキムミルク、フレッシュオレンジジュース、スムージー(イチゴとバナナ)、りんごジュース、炭酸飲料
・デザート ミニトマト、カットフルーツ(りんご)、ヨーグルト

おもちゃ
スマーフの映画とのタイアップ。味気ないスマーフの家と人形。
動かす面白味もなく、子どもなりに遊ぶことも難しい!?

日本

価格 
460円〜500円(メインによって異なる)

内容
・メイン ハンバーガー、チーズバーガー、チキンマックナゲット、プチパンケーキ
・サイド フレンチフライ、スイートコーン
・飲み物 野菜ジュース、ミルク、オレンジジュース、りんごジュース、お茶、ぶどうジュース、マックシェイク、炭酸飲料

おもちゃ
ポケモンのイーブイの人形。床の上で動かすと耳が動きますが、それほど楽しくないそうです。
だいぶ昔の物ですが、最近の日本のハッピーセットはもっと安っぽくなったような。

値段が違うだけでなく、実は内容も違っていました。やはりスイスはただ単に高い価格設定になっているだけではなく、質の違いも感じました。食事の内容は充実していますし(私にはハンバーガーの味の違いがわからないのですが、スイスのマックチキン単品692円は、マックとは思えない(?)美味しさでした)、おまけのおもちゃだって、スイスが一番品質がよかったです。

私は、

「日本のハッピーセットのおもちゃが一番子どもに喜ばれるのでは。」

と思っていたのですが、私の子どもたちは日本のおもちゃはあまり面白くないようで、しばらくすると

「もういらないや。」

と飽きてしまいました(ポケモンなどアニメのタイアップは魅力的なようで、欲しがるわりには、という感じです)。

個人的には、オランダのハッピーセットは生の野菜や果物の選択肢が多いのに驚きました。ファーストフードは体に悪い、というネガティブなイメージを少しでも払拭しようという試みが子どもメニューからは伝わってきますね。

物価も違うし、税制も違う。外食産業という外部環境も全く異なる。子どもの食に対する考え方もそれぞれ。ハッピーセットの背後にあるいろいろな要因に思いを馳せながらも、やっぱり今の日本は安すぎるのではないか、と改めて思ってしまいましたが、どうでしょうか。

安い!というのも考えものかもしれません。


(外貨の円換算は、2017年11月24日のレートで計算しています。1スイスフラン=113.6円
1ユーロ=132.5円)


野口由美子







0 件のコメント:

コメントを投稿