2017年12月7日木曜日

ゲームを子どもに買う? 買わない? どちらも難しい選択で

「本当はDS欲しいけど、ママがダメって言っているからゲームはもらえないよね。」

我が家の雰囲気はいつの間にかそんな感じ。小学生くらいになると息子もやっぱりゲーム機が欲しいようで、誕生日、クリスマスのたびにゲーム機が候補に挙がってくるようになりました。

親は与えたくないゲーム、でも


実際に息子の友だちで、ニンテンドーDSXboxなどのゲーム機を持っている子は半分いるかいないか、という印象(友だちは、ドイツ、フランス、ポルトガル、オランダなどヨーロッパ各国の子とインド、日本のアジア勢)。持っている子の親に話を聞くと、大抵、

「ゲームをする時間を決めてやっているけれど、守るのが難しいのよね。」

良く思っていないよう。持っていない子の親は、

「ゲーム機なんて必要なし。時間のムダ。」

と完全否定(ゲーム専用機がなくても、タブレットやスマートフォンにゲームを入れているようで、完全にゲームなし、の家庭は、私の周りにいませんでしたが)。ゲーム機を持っていてもいなくても、時間管理が難しいというのが親目線での意見のようです。私もそう思っていました。

とはいえ、私だってファミコン世代。自分も小学生の頃テレビゲームをして楽しかった記憶があり、このままゲーム不要派急先鋒の立場のままでいいのか、内心迷っていました。

そこで、プログラミングなどの「教育効果」が高く、優れた内容のものならいいだろう、といろいろ探して子どもとやってみてきました。どれも質は高いし、教育的といっても、学校の宿題のような「ゲームの体裁だけれどこれって単なる勉強だよね」という感じがないので、面白いです。

家族で楽しくテレビゲーム?


その時のことについては、過去の記事に。


息子も喜んでいましたが、学校でもプログラミングの授業があるし(イギリスの小学校のカリキュラムではプログラミングがすでに必修なのですね)、授業でやっているから、もうたくさん、という気持ちになってしまったのか、しばらくするとあまりやらなくなりました。息子に言われたのは

「ぼくはこういうのじゃなくて、マリオとかやりたいんだよ。」

ちょっと違う意見をもらいました


20代の友人にこの話をした時のことです。私よりも若い世代だから、子どもの親世代とは違う意見が聞けるかも、とちょっと期待もありました。

「ゲームも寛容政策がいいんじゃないかな、と。子どもの時に厳しく禁止してしまうと、大きくなった時の反動が怖いかも。大学生くらいになってから、今まで全然ゲームやらせてもらえなかった人がゲームにはまってしまう方が大変だよ。」

私はそういうことを考えたことなかったのですが、そう言われてみるとよくわかるような気がしました。身の回りでも似たような事例が頭をよぎります。

「ほら、オランダに麻薬とか売春とか寛容政策があるように、厳しく禁止するだけがいいというわけでもないかなって。」

私は政策転換をしました。

ゲーム機を買う前からのルール作り


時間管理が難しいのは大人がよくわかっていても、子どもはよくわかっていない。ならば、そのことを子どもが理解して、自分でできるようになったら、ゲーム機を解禁してもいいのでは。テレビの視聴時間で試してみるのはどうだろう。

夫にも相談した上で、まず、テレビを観る時間のルールを明確化しました。

・平日30分、週末1時間
・パパやママに言われなくても、時間は自分で管理すること
・食事やお風呂の時間など、パパやママがやめるように言ったら、やめること

この約束を半年間守れたら、という条件で次の誕生日にゲーム機をあげるという提案をしました。

「いつもテレビ(特に我が家の場合はYouTube)をダラダラ観たがるでしょ。ゲームはテレビよりも「もっとやりたい」と思ってしまう。そういうふうにできているの。ゲームばかりで他のことができなくなると困るから、パパとママはゲーム機を買うのは良くないんじゃないかと思っている。テレビで時間を守れるようになったら、ゲームも約束守れるだろうって、パパもママもあなたを信じてゲームを渡せるよ。」

息子に趣旨を理解してもらおうと説明しました。息子はわかったようでしたが、思いがけないことを言い出しました。

「それならぼく毎日テレビは20分でいい。」

私は内心、自らハードル上げてどうする??と心配になりましたが、

「あとさ、映画は長いじゃん。それも途中までしか観ちゃダメなの?」

「じゃあ、お休みの日に家族みんなで映画を観るのはカウントしない、でいいよ。」

交渉に応じることにしました。

やっとゲーム機を手に入れ、めでたしめでたし?


息子は本当に、真剣でした。半年間約束を守り続け、次の誕生日プレゼントにゲーム機を手に入れました。時間制限の約束、ちょっと厳しすぎたかもしれませんが、自分で

「今日はゲームをやってから、宿題する。それでも大丈夫、時間あるから。」

時間をどう使うか考えるようになりましたし、友達にも

「ぼくの家ではゲームは30分で終わりなんだ。」

家のルールに従うように頼めるようになりました。どこの家庭でも無制限にゲームで遊ぶことはできないということなのか、友だちの中にもゲームに固執する子はいませんでした。

テレビゲームは悪、というほどのことでもないのかも。子どもなりに計画性ができたり、時間の使い方にメリハリがついたり、むしろ良かったと思いました。

ただ、やはり時間管理は息子にとって簡単なことではなかったです。子どもが自分で時計を読めるだけでなく(夕食の時間になってもゲームを続けられては困りますし)、10分や30分という時間がどれくらいの長さなのか理解していないと時間管理がさらに難しくなるので(時間の長さがわかっていないと、毎回「もっとやりたい!」とせがまれてしまいそうな気がします)、ちゃんとわかるのを待った方がいいかな、というのが実感です。

とはいえ、我が家もこれで一件落着、となったわけでもないのです。テレビゲームにまつわる後日談はまだまだあります。今回は長くなってしまったのでまた別の記事で。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿