2017年12月29日金曜日

赤ちゃんが寝ない、疲労困憊の産後ママ。その時に効いた「魔法の言葉」

早いものでもう年末。クリスマスも過ぎました。慌ただしい年末だけれど、お正月は家族でのんびり。新年を迎えるのはいつも楽しみです。

でも、そんな世間のイベントにも関係なく、毎日昼夜関係なく子育てにがんばっているパパやママもいるものです。


我が家の夜はまだクリスマスツリーのライトが付いて、明るくしています。



初めての子育て、つらい


私にもそんな経験があります。初めての育児、まだ小さな赤ちゃんが眠らず、昼も夜も2時間おきに泣かれて途方に暮れていた時期がありました。抱っこ、ハイチェアでゆらゆらさせて1時間、やっと眠ったとホッとしてから30分で赤ちゃんの泣き声が聞こえてくる。

誰もいない昼間の家か、パパもいても真っ暗な夜の家で。

私はつい強がって、元気なふうに振舞っていましたが、本当はかなりつらかったです。


行き詰まった時、母のアドバイスは


ある日、私は実の母に電話をかけました。もう限界、誰かに相談したかったのです。

「どうすれば、赤ちゃんは泣き止む? 眠ってくれる?」


母なら何かいいアイディアがあるはず、と私は期待していました。でも母からのアドバイスは

「思いつく限りのことを順番にやってみて。」

まずはオムツを見てみる。オムツが汚れていないか。オムツが大丈夫なら、お腹が空いていないか。抱っこしてほしいのかも。外気に当ててみたり、ちょっと歩き回ってみたり。

「特別な魔法なんてないわよ。」

必ず効く魔法のような方法なんてないという母のセリフ。当たり前すぎるけれど、私にとってはつらすぎる言葉に聞こえました。

子育てに魔法はない、でも


電話越しでも、母にはがっかりしている私の様子がわかったのだと思います。母は続けて話し始めました。

「楽な子育てなんて、ない。」

「よく眠る子で手のかからない赤ちゃん。確かにそういう子もいる。でも、だからってその子が育てやすいかといったら、そんなこと絶対ない。」

「しばらくしてから、夜泣きがひどくて大変だったり、イヤイヤ期が長くて苦労したり。もっと大きくなって、思春期に問題を起こす子だっていたわよ。育てやすい子なんていない、いつかは親が苦労するもの。子どもが小さい時に、親は苦労しておいた方がいいかもよ。子どもが大きくなってからの親の苦労は本当につらいもの。もっと大きくなったら、この子は手のかからない子になるかもよ。」

「ずっと楽な子育てもなければ、ずっとつらいだけの子育てもない。」

つらい生活の終わりが見えず、今の状態から抜け出せないような気持ちでしたが、はっとさせられました。

ずっと今のまま、なんてことはないんだ。きっとこの先はもっと楽になれるんだ。

私は前向きな気持ちになっていました。

この眠らない赤ちゃんも、今は9歳。あんなに大変だった赤ちゃん時代は、もちろん、母が言った通りずっと続いたわけではありません。その後も健康や教育のことで悩んだり、つらい思いをしたり、大変なことはありましたが、親としてなんとかやってこれたのも、これからもやっていけると思えるのも、母の言葉が魔法のように私に効いているからだと思います。


*この記事は、以前自分が書いた記事を元にしています。記事へのメッセージをいただき、私も改めて魔法の言葉を思い出しました。ありがとうございます。

いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を 「ママスタセレクト」


野口由美子





0 件のコメント:

コメントを投稿