2018年1月11日木曜日

今年こそ、子どもにお手伝いを! あの手この手でやってみました

なつやすみのしゅくだい
「おてつだいをしよう」

小学1年生の夏休みに「お手伝いをしたらお手伝い表に色を塗る」という宿題がありました。子どものお手伝いにと選んだ家事は、洗濯物を畳むこと。我が家ではパパがいつも畳んでいたので、パパっ子の息子が一緒にやるところから始めればいいのではないか、という目論見だったのですが、この時息子は表の半分くらいしか色を塗れなかったと思います。やる気なし。

うちの子がお手伝いできるようになるには何か仕掛けが必要かも。私も真剣に考えるようになりました。

お手伝いしたらお金をあげる、を実践


そこで我が家では、お手伝いをしたらお小遣いをあげる、というやり方を採用しました。この時、お小遣いはお手伝いの動機付けというより、むしろ、お金の大切さを知ってほしいという気持ち強かったです。働かないとお金はもらえない、それも結構がんばらないといけない、という体験をしてお金の大切さを知ることができるのではないかと思ったからです。

(この時のことは以前の記事に書きました。お金って何? 子どものお小遣い、我が家の場合

息子の貯金箱。お金が貯まる、というのはうれしいようです。


でも、お手伝いすることでお小遣いをあげる私自身、

「お手伝いでお金をあげるのっていいやり方なのだろうか? 家族が家族のために何かやってお金をあげたりもらったりっておかしい?」

と頭の中ではずっと引っかかっていて、他の家庭ではどうやっているのか、ことあるたびに周囲の人に聞いていました。

私の周りでは、お手伝いをしたらお小遣いをあげるという家庭もあれば、毎月または毎週、決まった額のお小遣いを渡しているという家庭も両方ありました。どっちも半々くらい、お小遣いの金額にもかなりばらつきがあるような印象でした。

家族で仕事を分け合う「お手伝い」


決め手がないまま半年くらい経ったある時、

「分け合う」

という考え方を教えてもらいました。

「家族の一員であることを大切にしたいから、家族の仕事も分ける、お金も分ける。」

子どもも家族の一員として家事を分担するし、家庭の収入も一部分け与えられる、という考え方のようです。子どもは家事をする役割を与えられお手伝いをするけれども、お小遣いはお手伝いに連動せずあくまで毎月一定額をもらいます。車や庭の掃除といった普段しない特別なお手伝いをしたら、お礼に毎月のお小遣いとは別に少しお金をあげることもします。

折衷案のような感じもあり、これはやってみたいと私は思いました。

お手伝いの新しいルール


早速私は子どもに提案しました。

現行制度
お手伝いポイント1ヶ月分=600円(実際には6ユーロ渡していますが、物価感覚ではこれくらい)
ポイントは10ポイント単位で換金可

提案
以下の2つのお手伝いを毎日行う約束をする
・洗濯物を畳むこと
・夕食の配膳をすること
お小遣いは毎月800円(8ユーロ)の定額

「朝起きて、朝ごはん食べて身支度して学校に行って、家に帰って宿題して、自分のことはだいぶできるようになったよね。そうしたら、次は家のお仕事もできるようになってほしいってママは思っている。だから大きくなってきた今はお手伝いもがんばってみてほしい。」

「今まではパパとママがやっていたのに何でぼくがやらなくちゃいけないの?」

という気持ちでいっぱいな息子の表情。

「家族ってなんでも分け合ってやっていくとうまくいくんだよ。ママは家にいるから家のお仕事たくさんやっているけれど、パパも家の仕事をやるでしょ。ママひとりでやっていたら、なかなか終わらないけれど、パパだけじゃなくて、みんなで一緒にやれば早く終わって、家族みんなで遊んだりいろいろなことができるでしょ。みんなで助け合った方がうまくいくよね。」

「お手伝いをがんばれるって約束できるなら、お小遣いは毎月決まった額でいいよ。パパが会社で働いてもらったお金はパパだけが使うわけではないよね、家族のために使っているよ。ママはお手伝いポイントないけれど、パパのお金を使っている。ちゃんとお手伝いできるくらい大きい子には、ポイントでなくてお金を分けてあげればいいと思っているんだよ。」

お小遣いは増額されるので、悪くない提案に映ったはずですが、今までにはない「家族としての責任」の重さを察知したようで、息子は考え込んでいました。

「これは助け合いだと思っているんだよ。ママも〇〇くんが大変な時は手伝うから、何があっても絶対毎日お手伝いをやらなくちゃダメっていうことではないよ。ママはできると思っている。もう小さい子とは違うからね、それだけ〇〇くんは大きくなったんだよ。」

話しているうちに

「何でもやってもらってばっかりっていうのも良くないか。」

と息子は納得したようでした。

「じゃあ、ぼくやるよ。」

観念したように言いました。

お手伝いの効果は大


新制度導入からまだ数ヶ月ですが、朝の隙間時間にささっと洗濯物をたたんでいる姿を見ていると、少しずつ責任感が出てきた気もします。お手伝いというと、「助ける」「補助」というイメージになりますが、パパやママを助けるというより自分の仕事だと感じているようです。お手伝いをして身につくことは多いものですね。

今私が気をつけているのは、

「ありがとう。」

を欠かさないこと。毎日繰り返している小さな家事でも、やっぱり感謝されるとうれしいのは誰でも同じはず。前向きな気持ちを後押ししたついでに

「ママ、これも手伝おうか。」

という自発的な息子の声がもっと聞けるといいな、という密かな期待もあり、まだまだ新しい試みを続けることになりそうです。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿